• トップ

求人で注目する学歴と福利厚生

求人条件の学歴の理解の仕方です

求人情報で学歴条件は目安です

採用試験を受けるとき、応募者として気がかりな事柄の一つに、学歴があります。求人情報では、条件として大学卒が明記されていることがありますが、たとえば、自分自身が高校卒業の場合は、条件に一致しないということで、あきらめざるを得ないのでしょうか。その会社の給与条件や仕事内容、福利厚生の手厚さなどが気に入って応募したいと望んでも、それは無理な話なのでしょうか。現実求人においては、中途採用において、ほとんどの企業では学歴条件はさほど重視していません。むしろ、今までの仕事での実務経験や応募者のパーソナリティなどのほうを、はるかに重視している場合が圧倒的に多いです。つまり、求人情報の中の応募資格として記されている学歴に関しては、決して絶対的な条件ではなく、判断のために設けたおおまかな目安の一つにすぎません。学歴条件が合っていなくても、求人企業が必要としているスキルを持っていると認めたときは、採用に至っている事例が少なくありません。学歴に関してあまり神経質にることはありません。入社してからも、大卒対象の会社に高卒の人が入社したからといって、福利厚生面で差が出てくることもありません。ことです。福利厚生面に関しては、法律や会社の就業規則で定められたものですので、不公平はありません。

↑PAGE TOP

Menu